日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラタモリ別府

<<   作成日時 : 2017/03/08 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

録画してあったブラタモリの別府の回を見ました。別府の温泉の成り立ちと、それがどうやって大温泉街に発展したかの2回シリーズです。別府は、明治初期に港がきっかけとなって大発展した温泉地だったんですね。これは知りませんでした。江戸時代からある程度の有名な温泉地ではあったようですが、大都市と直結する交通手段が整備されたら強力です。

その後、区画整理して温泉街を発展させていった話など、明治の昔の都市構想とは思えないですね。温泉を中心にこんなに大発展するとは。別府に行った際に、ラクテンチのケーブルカーに乗りに行ったのですが、このふもと側の駅に通じる道路が妙にまっすぐだなと思ったのですけど、最大の基幹軸として区画整理されたものだったんですね。またラクテンチのある山には元は金山があった、というのも驚きでした。

別府でも砂蒸し温泉があったというのは意外ですね。指宿の名物だと思っていましたが。まあ、どうしてほかではやらないんだろうというところはありますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラタモリ別府 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる