日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 自動ブレーキ機能での事故

<<   作成日時 : 2017/04/14 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

千葉県で、自動ブレーキ機能を搭載した車の試乗をしていて、わざとブレーキタイミングを遅らせて追突事故を起こした人が書類送検になったそうです。試乗に同乗していた店員が遅らせるように指示していたそうで、なんとも可哀そうな感もありますが、今のところ自動ブレーキ機能が搭載されていようと事故を防ぐのはあくまで運転者の責任なので、致し方ありません。

以前、マツダの自動ブレーキ車両の試乗で、一般道ではない場所でやって、先行車を模した段ボール箱に突っ込み、さらにその先のフェンスに突っ込むという事件もありました。あの時は、マツダの自動ブレーキ機能が40km/hまでしか働かないということに留意せずに、速度を出しすぎて突っ込んだ、という話でした。あの時も責任を問われていたように思います。今回は、夜間で雨が降っていて、先行車が黒かったので検知に失敗した、ということのようです。夜間雨が降っているときに試乗するか? と思いますが。それにしても自動ブレーキ機能を過信して突っ込むのは怖いです。マツダの例のように、一般道外で段ボールに対して試すのがせいぜいの気がします。

今回、自動車販売店の店長と店員まで立件されていますけど、法的にどんな論理なのか気になりますね。過失罪に共犯も何もない気がしますし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
自動運転システムは鉄道以外ではまだまだハードルが高そうですね。

新幹線とかリニア新幹線などは意外と全自動化しやすいかも?ですね。
とうこ
2017/04/15 09:57
新幹線やリニアは自動化がやりやすいです。
リニアは地上に制御装置があるので、既に自動運転と言える水準ですね。
Tamon
2017/04/15 19:10
日本の場合AT車がアメリカと並んでやたら普及してますし(確か自家用3〜7ナンバーの98%がATでしたっけ)、ひょっとして普及しすぎて「車を運転しているのは自分」という意識が薄くなっているのでは?という気がしないでもないですね。
あくまでバックアップの機能に主体的役割をさせるのは無理があります。
この技術自体は有用なので、事故が技術開発を萎縮させなければいいのですが。
たづ
2017/04/16 17:04
本格的な自動運転に移行する際の法的問題とも関連しますね。
Tamon
2017/04/16 18:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
自動ブレーキ機能での事故 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる