日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 東海汽船ジェットフォイル発注

<<   作成日時 : 2017/05/11 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東京から伊豆諸島への航路を運営している東海汽船が、ジェットフォイルの新船を建造する(PDFファイル)そうです。

このニュースの注目点は、ジェットフォイルの新船というところです。ジェットフォイルは、ウォータージェットで推進して水面に浮きあがって航行する高速船ですが、もともとはボーイングが開発し、その後技術が売却されて、今は川崎重工業が建造するノウハウを持っています。しかし、日本のバブル経済の頃に一通り新造した後、新船の建造が20年以上にわたって途絶えており、その間に専用の生産設備や部品の調達が難しくなっているという問題があります。まとまったロットでなければ、メーカーにとって元が取れないものになっているそうで、これが原因で船が老朽化しても、更新できずにいるところでした。

今回、東海汽船が代替船のジェットフォイルを川崎重工業に発注した、ということは、この面で何らかの進展があったということを意味します。果たして、どのような対処がなされたのかよくわかりませんが、5隻程度のまとまったロットがあれば建造できるという話だったので、あるいはジェットフォイルを有する他の航路の事業者と話して、同時に発注をかける、ということなのかもしれません。もしそうだとすれば、他の事業者でも新船の話が出てくるでしょう。またほかに何らかの対策が見つかったのだとして、ここで建造されるとなれば、老朽化に悩んでいるほかの航路が早速発注するということも考えられ、その場合でも他の航路で新船の話が出てくるということになります。

高速船として重要な技術であるだけに、とりあえずの打開策が出てきたらしいことは、喜ばしいことですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東海汽船ジェットフォイル発注 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる