日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 圧縮着火

<<   作成日時 : 2017/08/08 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

マツダが、2019年から次世代ガソリンエンジンを搭載した自動車を発売するようです。なんと、圧縮着火を実現するのだそうです。

ガソリンエンジンは、シリンダー内に吸気した混合気をピストンで圧縮し、点火プラグで点火して膨張しピストンを駆動する、というのが基本的な原理です。これに対してディーゼルエンジンには点火プラグがなく、混合気が圧縮されたところで自己着火して膨張過程に入るという違いがあります。軽油の着火点(温度や圧力が高くなった時に自己着火する温度)が比較的低いために、圧縮で点火することができるのですね。ガソリンエンジンでも、シリンダーヘッドが高温になった時に、点火プラグを使わなくても勝手に混合気に着火して動き続ける現象があるとは聞きますが、基本的にはガソリン混合気は点火プラグで点火するものです。したがって、今回のマツダの発表は、安定して自己着火させる方法を開発した、ということなのでしょう。なかなか凄い技術です。

まあやっていることが凄いのはわかるのですけど、内燃機関の技術に疎い身にとっては、圧縮着火を実現することでなぜトルクが太くなり燃費が改善するのかはよくわからないですね。ディーゼルのように圧縮比が良くなるということなのでしょうか。内燃機関関係の技術者の解説を見たいところです。

マツダは一貫して、内燃機関の強化改善が重要だという方針を変えていませんね。電気自動車やハイブリッド車に関してはトヨタと共同開発の方向ですが、それでも内燃機関の技術は使えるところがあるわけですし、そこで生きていく方針なのでしょう。弱小メーカーの戦略としてはありなのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>ガソリンエンジンでも、シリンダーヘッドが高温になった時に、点火プラグを使わなくても勝手に混合気に着火して動き続ける現象
「ランオン(またはディーゼリング)」のことですね。
一方、ディーゼルエンジンのウィキを読むと、
「適切な着火遅れは拡散、混合域の拡大により、良好な拡散燃焼をもたらし、燃焼室の隅には空気だけが止まっているので圧縮比が高くても異常燃焼によるノッキングは発生しない。」(一部抜粋)とあります。
これを取り入れようとしているのではないでしょうか。
ガソリンの引火点の関係で、今まではできなかったのでしょうが、ディーゼルのような高圧噴霧をガソリンで可能にする技術を何か開発したのでしょう。
熱効率も多分、ディーゼル並みの35%超を狙っているのかも。
たづ
2017/08/13 15:03
やはりディーゼルもどきにするんでしょうかね。ただ、SKYACTIV-Dではディーゼルなのにあえて圧縮比を下げることで、エンジンを軽量化するという方向に振ってましたし、ガソリンで圧縮比を上げるのだろうかというところもあります。35%となれば、原子力発電所並みの効率に達するわけですね。
Tamon
2017/08/13 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
圧縮着火 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる