日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS リニア回送線の旅客化構想

<<   作成日時 : 2017/08/09 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 3

相模原市に建設が予定されている、中央新幹線の関東側の車両基地について、車両基地に駅を建設して、回送列車を旅客利用させてほしいという動きが地元から出ているようです。博多南線を例にアピールしたいようです。博多南駅は大成功しましたからね。

関東側の車両基地から品川へ往復する回送列車はそれなりの列車本数があるでしょう。だからそれを利用したいというのはわからなくはありません。しかし問題は、超電導リニアの場合、駅の建設費が非常に高額である、ということですね。通常の鉄道の場合は簡易なプラットホームを線路の脇に造れば終わりですが、超電導リニアだと磁気シールドを施す必要があるため、フルハイトのホームドアを持った完全密閉構造の建屋を造る必要があります。また、ドアの部分は、ボーディングブリッジのような構造を用意する必要があり、これも高額になる要因です。少ない利用客数では、なかなかペイしないでしょう。

考えてみれば、リニアの車両基地の構造というのはどうなるのでしょうね。いったん超電導電磁石に励磁してしまうと、外部から人は簡単には近づきがたいはずですが、乗務員の乗車口は専用のボーディングブリッジのような構造が用意されるのでしょうか。運転士は必要なくて、車掌だけが乗務するわけなので、無人で回送してもいいのかもしれませんが。検査や修理の要因がどうやって接近するのか、というのも気になるところです。おそらく、励磁を解除して修理作業ができる専用エリアを用意するのでしょうが。

現状の山梨実験線でも、多少の保守修理作業は行われているはずで、そのあたりでもいろいろ経験を積んでいるのでしょうね。気になるところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
リニア新幹線回送線と博多南線を同列にするのはテクノロジー的にはマジでどうでしょうかね?お客の安全対策ができたら意外とOKになったりして(謎)
とうこ
2017/08/12 19:58
博多南線だと特急料金は100円だけですが、リニアだからと言う理由でそれ以上取られるような気もします。
運賃単体は8.5kmだとJR東海の場合も西日本と同じ200円ですが、周りはリニア以外東日本線(東京近郊区間)なので、東京圏の相対的に割安な電車賃(北総線やTXなどまあ一部例外もありますが)とかICカードでの直通切符云々とかあとからゴチャゴチャ出そうです。
たづ
2017/08/12 20:20
もはや従来の鉄道の営業規則を敷衍するのではなく、リニア独自のまったく別の体系を適用するのではないか、と予想しています。
Tamon
2017/08/12 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
リニア回送線の旅客化構想 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる