日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 通勤の無駄

<<   作成日時 : 2018/04/15 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

戦後史が作り出した壮大な無駄として、通勤をやり玉に挙げる記事が出ています。確かに毎日同じところを行ったり来たり、かなりの時間を費やして体力をすり減らすのは、無駄にも見えるのでしょうね。

ただ、戦後史が作り出した、というのはやや事実に反しますね。実際には、工業化の進展で都心の環境が悪化した第一次世界大戦期には既に住居の郊外移転の動きがみられるわけです。そして東京だと、関東大震災が大きなきっかけになって、一気に郊外居住の流れが進みます。鉄道各社で巨大な通勤輸送が開始されるのはこの時期です。戦後は鉄道網はそこまで拡大していないわけですし。

また、これが日本だけの問題というわけでもないです。交通網が整備されていなければ郊外拡散が進みようがないので、発展途上国のあまり交通網のない都市ではそこまで拡散していないのですが、先進国で都市鉄道網があるところだと、だいたい通勤ラッシュというのはあります。そして、都心の高地価の場所はどんどん価値のある商業ビル・オフィスビルになっていって、住居が郊外に押し出されていくのは、もうほとんど回避不可能な経済原理でしょう。鉄道で大量高速輸送が可能だからこそ、こういう都市構造が発展する、という見方はあるのでしょうが。

もし、都市鉄道というものがまったくなければ、もっと職住近接のままだったでしょうが、ここまでの人口と産業の集積は不可能で、もっと分散した国土になっていたのでしょうね。経済成長は大きく衰える気がしますが。

実際に通勤の無駄を解決する策というのは、なかなか難しいものがあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度面白いネタ集めお疲れ様です。
都市鉄道はどうやっても発生を抑えることはできないでしょうね
明治・大正・昭和前期で鉄道建設に皆が燃えていましたしね。

鉄道が当時の一番の公共交通機関と言うか今でいうところのマイカー(道路)の変わりでしたからね。
とうこ
2018/04/18 06:35
おまけに時間的に集中して通勤ラッシュが起きるというのも避けがたいのですよね。輸送効率は低くなってしまうのに。
Tamon
2018/04/19 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
通勤の無駄 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる