ブルトレ廃止報道

朝日新聞でブルートレインの廃止予定に関する報道がありましたね。ついに九州ブルトレは全滅ですね。いつかは来ることだと思っていましたが。「はやぶさ」は東京在住時代には何度か乗ったのですけど。まだ西鹿児島まで運行されていた頃に上下とも全区間を乗車したことがあるのが思い出です。食堂車が営業していた時期には間に合いませんでしたが、大学に入ってまもなく熊本までに運転区間が短縮されてしまったので、全区間乗車はぎりぎり間に合いました。朝の東海道をロビーカーでゆったりくつろぎながら東京へ向かうのも実に爽快なものだったのですが、ロビーカーも既になくなってしまいました。
一方の「なは」は関西在住になってから何度か使っています。これは結構手軽だったのですけど、やはり利用率が低迷していたようで、私も高速バスに流れがちでした。鹿児島出身の人間にとっては、多少時間が掛かっても西鹿児島まで直通していてくれるとありがたかったのですが。
これまで利用したことがある寝台列車は「はやぶさ」「なは」「銀河」「日本海」「出雲」(廃止)「サンライズ瀬戸」「はくつる」(廃止)「あけぼの」「かいもん」(廃止)「まりも」(季節臨化)「オホーツク」(季節臨化)「利尻」(季節臨化)ですね。もはやだいぶ廃止されてしまっていますね。関西在住になるともう関西を通過する東京-九州ブルトレなんて乗る機会はなさそうです。「北陸」とかも乗ってみたいものなんですけどね。
もともと、鉄道の速度が遅かった時代にはたいていの場所へかなりの時間を要してしまっていたために、昼に6時間も7時間も掛けて行くのは苦痛でかつ時間の無駄であったことから夜行の移動需要が生まれたわけです。しかしながら、次第に鉄道が高速化し新幹線が登場するとたいていの場所に2時間から3時間で行けるようになり、それくらいの所要時間になると今度は夜行の移動が苦痛になるという逆転現象が発生するわけですね。苦痛の度合いで言うと6時間以上の移動 > 夜行の移動 > 3時間以内の移動、といった感じなのでしょう。さらにそれでもなお鉄道での所要時間が長い地域へは完全に航空機で行く範囲になってしまい、運賃・料金の面では航空機が大幅なディスカウントを提示してくるために大差がないということになってしまうわけで、新幹線圏よりも遠距離で夜行列車が生き延びる可能性が断たれます。そこに並行して夜行高速バスが運行されると、わずかに残っていた夜行需要がそちらに流れて終わってしまうというわけですね。
なくなる前に、今度の帰省は「なは」にしてみようかと検討中です。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック