掃除機使用開始

新しい掃除機の使用を開始しました。これまで使っていたものと同じく棒状に立てることのできるコンパクトタイプです。しかしこれがちょっと予定外というか、吸い込み口と駆動部がほぼ直結になっていて、吸い込み口の部分だけをあちこち動かして細かい部分の掃除をするということができません。これまでのものは、吸い込み口と駆動部は確かに直結しているのですが、駆動部の途中に外側に取り付けられているホースを吸気が経由するように作られている部分があり、この部分のホースを外して外に向けることで、駆動部を置いたままにしてホースの届く範囲で細かい掃除をすることができました。例えば空気清浄機のフィルタを掃除する時に、この部分を使って掃除機本体は横に置いたまま、ホースだけを動かして掃除していたのですが、今回のものはそれができずに床に置いたフィルタを掃除機でそのまま蹂躙するしかありません。まあ、縦置きタイプではこれが当たり前なのかもしれませんが、ちょっとがっかり。
その代わりといってはなんですが、今回のものは前よりさらにコンパクトで、持ち手の部分を折りたたんで押し入れなどに放り込むことができます。従来のものは折りたためなくて、立てた状態のままでは上下に分割されている押し入れのどちらかの段には入りませんでした。横倒しにしていれるとスペースを消費するので、部屋の隅に立てっ放しでしたが、これからはすっきりします。
また、紙パック式ではなくなりました。ごみを収納する箱が備えられていて、そこに集塵されます。フィルタでこそぎ落としているんですかね。今日は部屋中を掃除して回って、最後に箱を出してみると実に綺麗にごみがたまっていました。これは1回分の掃除量が見えて面白いかもしれません。紙パックだと交換時期まで中を見ないですからね。
古い掃除機はこれから分解して処分予定。さすがにこれはリサイクル法対象外ですね。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック