北陸本線と富山地方鉄道の乗り入れ構想

北陸新幹線の建設に伴って並行在来線として経営が分離されることになっている北陸本線について、経営活性化対策として富山地方鉄道との相互乗り入れが検討されているようです。なかなか大胆なアイデアですね。
もちろん、以前は富山駅においてJRから富山地方鉄道に「雷鳥」「サンダーバード」「北アルプス」などが乗り入れて宇奈月温泉や立山などへ直通運行していました。JR時刻表で巻末にちょっと載っているだけの富山地方鉄道のページに「サンダーバード宇奈月」などのネームドトレインが掲載されているのはとても興味を惹くものでした。今でも富山駅では線路がつながっています。北陸本線は交流電化で富山地方鉄道は直流電化なのでここはデッドセクションになっており、北陸本線の特急が交直流車であることを生かして入線していました。「北アルプス」はディーゼルカーだったので問題無しです。
しかしこうしたレベルではなく、滑川から黒部のあたりで線路が並行しているところをつないでしまおうという構想のようです。確かに地方都市なのに長くJRと私鉄の線路が並走しているのはかなり豪華なんですよね。これで統合してしまえば確かにコストは下がるのでしょうけど、ただ貨物列車がガンガン走る北陸本線のこと、線路の貧弱な富山地鉄側への統合は考えられないことで、そうなると駅の数が少ないJR側が存続してしまうことになり、多数の駅の新設などの措置を取る必要があります。また交流電化なのでこれに乗り入れできる高価な車両を富山地鉄が用意しなければならないですね。仮に直流化できるのであれば、JR貨物側の機関車は交直流車なので問題は無いでしょうけど、直流化自体にかなりのコストが掛かることは間違いないでしょう。電化方式の問題を無視できるのであれば、滑川から魚津の地鉄線は廃止してしまってよいでしょうし、もっといえば寺田から要らないですね。これだと上市に鉄道が無くなって大騒ぎするでしょうけど。
富山は最近鉄道関係が面白いですね。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック