タンクコンテナ塗り替え

まねきや模型から発売されていたコンテナ改造用のデカール類を2007年にいろいろ購入して改造作業をしてきたわけなのですが、実に購入から3年近くたって今日ようやく残っていた分を作業し終えて完成しました。いくらなんでも時間を掛けすぎですね。それぞれはそれほど大した作業ではないというのに。
今日作ったのは、すべてTOMIX製UT1形タンクコンテナを塗り替えて表記デカールを貼るもので、日本合成ゴムラテックス専用、日本ゼオンコンクリート混和剤専用、信越化学塩化ビニル樹脂専用です。このうち信越化学は、元のツートンカラーのタンクコンテナの色合いをそのまま使うので塗装の必要がなく、デカールを貼って保護のクリアコートをするだけという非常に簡単なものです。日本合成ゴムと日本ゼオンは、上半分が白、下半分が青という同じ2色塗りなので、全く同じ工程で処理しました。
午前中から作業を始め、乾燥させながら複数回に分けて塗装を実施。今日は雨が降っており湿度が高いので、本来は塗装には不適切なのですが、強行してしまいました。実際塗料が垂れた感じになってしまい、やはり不味かったかなとの感じも。これはスプレーの下手なせいもありますけども。
夕食をはさんでデカール貼付。クリアコートを吹いて完成しました。これで、まねきや模型から仕入れたデカールは全て消化となりました。ほかに、アイコムから仕入れたISOタンクコンテナのキットもまだ手付かずになっており、早く着手したいところです。こちらは、結構難易度の高い工作らしいと聞いています。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック