キハ58系模型いじり

先日購入したTOMIXのキハ58系のNゲージ模型がいじらないままに積み上げてあったので、今日はインレタを貼り付けるなどの作業を行いました。既に何両も持っているのですが、全国的にあちこち走り回ってどこでも見られた両数の多い形式なので、今回増備しました。
今回の目玉は、キユ25が製品化されたことです。キハ58の系列で唯一の郵便車で、四国で走っていました。実は、はるか昔にTOMIXはキユ25を製品化していたことがあります。その頃のTOMIXキハ58系は今に比べると造形の甘い古い規格の製品でした。その当時は、代表的な形式ばかりが製品化されて、あまり細かい差異にはこだわらず、マイナー形式はラインナップされないという時代だったのですが、それにもかかわらず、たった4両しか実在しなかったキユ25が製品化されていました。これが生産中止になると、もう手に入れる手段はオークション等を通じて中古を手に入れるか、自力で製作するしかないのではないかというものだったのですが、何と現代のグレードの高い造形でキユ25が再度製品化されてしまいました。恵まれた形式ですね。
それにしても、気動車はキハユニみたいに合造車の郵便車がほとんどだったのに、キユという形式が四国だけで投入されたのはなぜなんでしょうね。他では客車の郵便車が担当していた幹線の大量輸送を、気動車にさせていたということなのでしょうか。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック