生駒・信貴

スルッとKANSAI3dayチケットの最後の1日分を使って、生駒山と信貴山に出かけてきました。本当は比叡山に出かけるつもりでいたのですが、12月に入ると比叡山の山上交通が著しく不便になることが判明して変更しました。比叡山は暖かくなってから機会を見計らって出かけたいと思います。
地下鉄中央線から近鉄東大阪線へ通しで乗ってまずは生駒へ。大阪の市街地が生駒山の上の方へ延々と侵食して伸びていったということは知っていますが、なかなか凄い景観ですね。見晴らしがよいことも手伝って異様さが際立つ気がします。生駒山の下に2本も鉄道トンネルがほとんど同じ場所で掘られているというのもなかなか凄いです。東大阪線用に使われているトンネルが初代の生駒トンネル(を途中から改築したもの)で、奈良線用に使われているトンネルが新生駒トンネルだとか。生駒トンネルは奈良線に使われていた頃に火災とブレーキ故障による暴走(花園事故)で2回死亡事故に関わり、さらに東大阪線になってからも火災で1回死亡事故が起きているという、なかなか呪われたトンネルです。今度生駒からけいはんな新線ができて現東大阪線区間も路線名が改称されるようです。
生駒の駅前にある生駒ケーブルの鳥居前駅からケーブルカーに乗車。日本で唯一の複線のケーブルカーです。普通、複線のケーブルカーというと複線交走式(ワイヤーの両端に繋がっている車両がそれぞれ専用の線路を有していて山上の巻き上げ機で上り下りする方式)のことかと思うわけですが、ここは単線交走式(同じ線路を2つの車両が共有していて中央のすれ違い部分だけ複線になっている方式)が2本横に並んでいるという珍しい場所です。日本には複線交走式ケーブルカーは存在しません。ケーブルカーというとたいてい観光目的の場所にあるのに、ここは周りが住宅街になってしまったために日常の輸送に使われているというこれも珍しい場所。途中の宝山寺駅で乗り換えて、ここからは1本の山上線のケーブルカーで生駒山上まで行けます。山頂には生駒山頂遊園地があるものの冬期休園中。大阪側も奈良側も綺麗に見晴らせる場所でした。しかし普段はどれだけ利用者がいるのか疑問です。遊園地と一緒にケーブルカーまで廃止されてしまわなければいいのですが。
近鉄生駒線で移動し信貴山下へ。ここからは信貴山へ向けてかつて東信貴鋼索線というケーブルカーが走っていましたが、廃止されて今はバスが運行されています。駅にケーブルカーの車輪が展示されていました。バスは途中までかつてケーブルカーが運行されていた敷地に造られた道路を登っていき、また終点の信貴山バス停は明らかにかつてケーブルカーの山上駅だった場所です。あまり事前に調べては来なかったのですが、信貴山朝護孫子寺はなかなか立派なお寺ですね。信貴山というと戦国武将の松永久秀が最後に立て籠もった山という印象しかありませんでした。そして、帰りは西側へ西信貴鋼索線で降ります。つまり、かつては信貴山へは東信貴鋼索線と西信貴鋼索線が両側にあるというなかなか面白い場所だったわけです。元々は別の鉄道会社が経営していたのに合併で同じ近鉄になってしまったという。信貴山の山門のバス停から高安山のケーブル駅まで山上を走る近鉄バスで連絡されていますが、ここは戦前には通常の電車が走っていたのだそうです。ケーブルカーで降りてくると、近鉄信貴線の電車に乗り換えて、河内山本で大阪線に乗り換えて帰って来ました。
さすがに関西は古来から日本の中心地だっただけにいろいろ見るべきところも多いですし、交通網もそれに向けて発達していますし、私のような人間にとって楽しいところです。私の地元などはこれに比べると見るほどのものがほとんどないです…。




この記事へのコメント

ryot
2010年07月25日 22:55
東大阪線が改称されると東西南北揃い踏みが崩れるわけで:p


この記事へのトラックバック