お買い物とVine Linuxのインストール

年末の掃除で壊してしまったキーボードの替えを購入する必要があり、昼からお買い物に出かけました。ついでに、少し前に友人から譲ってもらったPCがまだ放置されていたので、これに搭載するハードディスクを購入することにします。メインマシンのハードディスクのバックアップをこのマシンのハードディスクにしようと考えていたので、ちょうど今回の再インストール作業にぴったりです。とりあえず日本橋に出かけましたが、秋葉原だとこういう時にどこをどう回ればちょうどよく買い物ができるのかよく把握しているのに、日本橋だと今ひとつ分かりません。結局大きな店(上新電機系のJ&Pテクノランド)で買ってしまいました。HGST(日立グローバルストレージテクノロジーズ)のハードディスクを選択。これは元IBMで今もメインマシンで愛用しているメーカであるということもあります。UltraATA/100しか搭載していないマシン用でメインマシンではないので遅くでも構わず、SerialATAカードなどは特に差さないことにしました。このため、UltraATA/133で250GBのものを2つ買いました。UltraATA/100対応のものにすればもう少し安かったのでしょうけど、見当たりませんでした。
ここまで来たついでにスーパーキッズランドの鉄道模型売り場に行って、TOMIXの新しいDCフィーダ用の延長コードを購入。普段から20%割引の店で正月セールでさらに13%割り引かれていて、なかなかの値引率です。
キーボードは適当なものが見つからなかったので帰りにヨドバシカメラ梅田へ。キーボードは2台続けてMicrosoft製だったので、今回もそれにするかと探してみたのですが、最近はワイヤレスばかりで有線の手ごろなものは品切れという有様。その横に置かれていたロジクールの製品がキータッチも似ていて良さそうだったので1950円で購入しました。高いキーボードは却ってよくありません。
ヨドバシカメラへ来たので、懸案だったこれまでの通常のゴールドポイントカードからeLIOカードへのポイントの移行をしました。レジで会計の時に聞いてみたものの総合カウンタへ行けという指示。ポイントをeLIOカードに貯めること自体は簡単にICカードのリーダライタにかざして完了だったのでどこでも簡単にできるはずだがと思いつつ、総合カウンタへ行ってみると意外なことに身分証の提示を求められ、さらに紙に住所などを書かされました。電話でどこかへ問い合わせてカードの登録と比較していたので、どうして単にポイントを移行するだけでここまで厳格に身元チェックをしなければならないのかとても疑問です。クレジットカードの発行自体だってここまで厳格ではない気がするのですが。
帰ってきて、譲ってもらったPCにハードディスクを搭載してセットアップ作業。バックアップマシンなのでLinuxをインストールすることにします。Vine Linuxを選択。CDイメージをウェブサイトから落としてきてCD-Rに焼き、さくっとインストールできました。今はここまでインストールが簡便になっているのですね。ところで、私はCD-Rのメーカ別の焼き損じ率などを調べる目的もあってCD-Rを焼くたびに記録を取っていたのですが、この記録から今回のCD-Rを焼いたのが2年振りであることが発覚。もはやCD-Rでバックアップを取れる容量ではないのですっかりDVD-Rに移行し、そのDVD-Rでもバックアップを取りづらくなって今回のようにハードディスクへのバックアップに移行し、となってすっかり焼かなくなってしまっていたということです。DVD-Rを除いてCD-Rに限ると焼いたのは前回OSをインストールした時くらいに遡るようです。ともあれ、いろいろまだ準備があるのでメインマシンの再インストール作業に取り掛かるにはまだ時間が掛かりそうです。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック