DMVが富士で実験

来春から釧網本線での営業運転を開始することが決まったDMV(Dual Mode Vehicle)ですが、富士で実験のために貸し出しが決まったそうです。富士市は以前からDMVに非常に興味を持っていたわけですが、いよいよ実際的な行動に移したということでしょうか。しかし富士市となると北海道の閑散区間とは違って人口もかなり多いので、マイクロバス程度の輸送力で足りるのか疑問もあるところです。一方で車社会で渋滞もよくあるようなので、そのあたりの製紙工場などにあまり使われていない引き込み線がたくさんあるようですから、そうしたものをうまく使って渋滞を回避できる公共交通機関を整備できれば面白いのかもしれません。
まぁ、引き込み線など大して使っていないところもあるでしょうから、DMVをするくらいなら引き込み線を引っぺがしてバス専用道に転換し、一般路線バスを走らせた方がいいような気もします。もっともそれなりに列車が走っていて旅客輸送もしている岳南鉄道が実験対象なので、こちらはそういうわけにはいかないでしょう。しかしそれでも線路を路面電車の路上区間のようにレール以外の部分を舗装してしまい、ついでにガイドウェイを取り付けて鉄道とガイドウェイバスの共用区間にする(信号システムもそれに対応させる)工事をすればもっと輸送力も発揮できるシステムになりそうです。割と大規模な工事になりますが…。ガイドウェイバスはガイドローラーの付いた特別な仕様のバスを導入する必要がありますが、それはDMVも特別仕様車ということでは同じですし。また信号システムの改築に関してもDMVでも必要になるのは同じではないでしょうか。道路を走る車両が乗り入れてきて既存鉄道にダイヤの外乱をもたらすのはどちらも同じですし、後は初期にどれだけ軌道への投資をするかの違いで輸送量が格段に違うシステムになりそうな気がするのですが。
とはいえ、いろいろ面白い技術を試してくれるのは大歓迎です。それによってよい点も悪い点も明らかになるでしょうし。今後の続報を待ちたいと思います。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック