エゾシカ狩り

北海道白糠町で、増えすぎて被害をもたらしているエゾシカを狩るために、陸上自衛隊が動員されたそうです。うーむ、そこまで被害が深刻だとは。しかし、これ自衛隊法上の出動名目は何なんですかね。災害出動?

クマやオオカミが減少あるいはいなくなって、シカを捕食する動物がいなくなっているのに、人間が狩猟もしなくなっているために、シカが増えすぎているのではないかという話がありますが、どうなんでしょうね。最近のシカ関連のトラブルの多さは、確かに尋常ではないという感じがします。

自衛隊による直接対策も、とありますが、そのために狩猟用の銃が装備品として加わるのですかね。自衛隊が持っている銃は戦争用なので、あまり狩猟には向いていない気がします。できないことはないのでしょうけど。それにヘリコプターで追いかけて狩猟をするというのは、人家や道路への流れ弾などが心配で、結局ハンターと同じように地面を歩いて狩猟していくことになるのではないでしょうか。

しかし軍隊が動物を狩らねばならないとは…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック