模型運転

実家に来たときにしか運転できない鉄道模型を出して走らせました。しかし、今日はなぜか脱線が多くなかなかうまく走りませんでした。

まず新幹線車両が増えてきたので、いろいろ出してみたのですが、E5系「はやぶさ」も100系グランドひかりも脱線してばかりでなかなかまともに1周しない始末です。分岐器を通るところが特に鬼門。レールや台車の微妙な調整が必要なのでしょうか。もともと新幹線車両は、台車の部分がカバーで覆われているので、線路に模型を載せるのがとても難しく、リレーラーを使わないとほとんど無理であり、またアーノルドカプラーではないので連結を切り離す際に車体を傾ける必要があり、1箇所脱線が発生するとその修復作業であちこち直して回らなければならなくなります。これがまず大変です。16両もあるとこれがしんどいのです。直し損ねて1輪でも脱輪していると、そこからまた脱線が拡大しますし、本当に大変です。

新幹線は諦めて貨物列車を運転。貨物列車は、貨車がやや脱線しやすいものの、先頭に安定する機関車があるので電車や気動車など中間に動力がある車両よりは脱線しづらいです。西武鉄道のE851牽引セメント貨物列車とか、先日入手したワム380000の34両セットなどを運転。これは順調に走ってくれました。やはり貨物列車は長々と走っていくのがいいですね。もっとも、上り勾配でかなり速度が落ちて、下り勾配でかなり速度が上がるのがどうにも気になります。もっと滑らかに走らせたいものです。

本当はもっといろいろ走らせたいのですが、箱から出してくるだけで大変というのが…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック