F-35A

航空自衛隊の次期主力戦闘機としてF-35Aが正式に決まったそうです。以前からF-35Aだろうと言われてきましたが。

まあ候補になっていたF-35A、F/A-18、ユーロファイター・タイフーンでは、能力に差があり過ぎて最初からF-35Aが有利なのは見え見えでした。さすがにステルス能力の差はいかんともしがたいでしょう。あとは値段と、日本での生産分担比率の交渉なんでしょうが、そこを譲っても能力を選ぶだろうなというのは見えていた感じです。

導入機数はたったの40機なんですね。F-15Jを置き換える話ではなくて、いい加減老朽化が進んで酷い状況にあるF-4EJを置き換えるという話だからなのでしょう。以前、F-15に欠陥が疑われる事件があって緊急に飛行停止になり、さらにF-2にも、という話になったことがあって、一時的に防空能力はどうなるんだということがあったので、そういうことを考えると1つの機種にまとめることはできないわけです。F-35Aはどの程度導入して、さらにその次F-15Jも老朽化してくるのにどうするんだろうという感じです。本当に、F-22Aを導入できていればよかったのですが。

一方で、国内生産基盤の問題は本当に深刻です。F-22Aならもっと国内生産分担はできなかったのでしょうけど、F-35Aでもあまり日本でのライセンス生産をさせてもらえそうにないので、日本の航空産業は仕事が無く、追い込まれそうです。F-2の生産が終了して以降仕事が無くなっていますから、下請け会社がもうどんどん航空分野から撤退して行っている状況のようで、このままでは技術基盤がなくなってしまいます。かといってうまい方策もない訳で。ほとんど日本国内で生産させてくれるユーロファイターを導入したら、この問題は何とかなったのでしょうか。

どんどん新しい機体の開発が難しくなってきて、どこでも難航するようになっているので、選ぶのもまた一大問題になっていますね。

この記事へのコメント

eule
2012年01月08日 23:43
「誰も語らなかった防衛産業」という本によれば、戦闘機の生産で関連会社は1200社に上るそうで。F-35の国内生産割合は4割程度ということなので(産經新聞?)、生産させてもらえない部分を請け負う会社はいよいよ仕事がなくなりそうですね。あと、F-35Aの場合、武装をウエポンベイに収納しないとステルス性を十分発揮できないので、国産AAM-4は搭載できず、AIM-120CかAIM-9Xか、抱き合わせ販売になるんでしょうかねー。
国内生産基盤への影響は深刻、との意見に同意です。
Tamon
2012年01月09日 10:42
ああ、AAMの問題もありますねぇ。
AMRAAMは結構いいんじゃないかと思いますが…。

この記事へのトラックバック