キハ40日高線色

久々に模型を新たに購入しました。最近購入数がかなり減っています。今回購入したのはTOMIXのキハ40北海道(札沼線)色と日高線色です。どちらもT車がでなかったので、M車のみ1両ずつ購入しました。2両編成で走らせたいところなのですけどね。

日高線の専用カラーは、全体が白で窓の周りなどに青い帯が入り、日高地方を象徴する馬をイラスト化したマークが入っています。この色はとても魅力的なので、KATOしかキハ40を発売していなかったころに、ぜひ塗り替えで実現したいと思っていろいろ準備をしていたのですが、実行することなくそのままでした。マークはデカールを自力作成して用意できるのですが、やはり自力で塗り替えるのは結構大変ですし、苦労しても完成品には精度がまったく及ばないですからね。さらに、北海道のキハ40は酷寒地仕様で窓が小さいという大きな特徴があり(他にも台車が違うとかいろいろありますが)、当時発売されていたKATOのキハ40は窓の大きなタイプで完全再現できないという問題もありました。窓を小さくする改造はさらに大変ですからね。製品で出てくれてとてもよかったです。

他に魅力があると思っていた五能線カラー(薄い青が車体下半分に入っている)も製品で出てしまい、買いましたし、本当にいい時代です。東北地域本社色(車体下半分が2色の緑で塗り分け)も欲しいのですけど、これはだいぶ前にKATOが限定品で出したと聞きますが、いまさら手に入らないですね。九州色も欲しいですが、こればかりは何とか塗り替えでキハ40とキハ47を1両ずつ調達してあります。製品で出てくれれば買うのですが。

年内だとキハ45系やC56の発売が予定されていて、これが今は楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック