高雄紅葉狩り

今日は京都の高雄へ紅葉を見に出かけてきました。本来は昨日行くことを計画していたものですが、雨が降っていたので順延となりました。

朝早く出かけるのがポイント、ということで6時台に家を出発して電車に乗り、JRで京都駅へ。高雄へ行くバスは、シーズン中は嵐山から嵐山高雄パークウェイを通って行く臨時便もあるようなのですが、JR京都駅から行くバスはJR西日本バスの一般路線バスであるということで、これは乗ってみるしかないと京都駅から行くことにしました。この路線はもともと京鶴線と呼ばれていて、京都と小浜を結ぶ鉄道敷設法予定線である小鶴線に対する先行路線として開通したもののようです。もっとも、小鶴線は結局山陰本線の日吉から分岐する計画になったので(実際には着工されなかったのですが)、バスの京鶴線のルートは鉄道にトレースされる予定にはならなかったことになります。民営化後に支線や末端が廃止されてしまい、今では旧京北町(今では京都市右京区の一部ですが)の周山駅(バス駅であって鉄道駅ではない)までの路線になってしまいました。しかし、周山駅のバス駅はまだ機能しているということだったので、せっかくなのでまずは終点まで乗ってみることにしました。

京都駅では、駅舎を出てきたすぐのところに乗り場があってやはりJRバスは一等地を使っています。紅葉シーズンで非常に利用客が多いこともあってどんどん臨時便が運行されますが、これは栂ノ尾までしか行かないので、周山まで行く定期便を待機。8時30分のバスで周山へ向かいました。立ち客もぎっしりの状態で、1時間余りかけて高雄へ行きました。この利用客数なので乗降に結構時間がかかってどんどん遅れて行きました。道路の方は渋滞はそこまで酷くなかったのですが。高雄で多くの乗客を降ろしてそれから先、周山街道は結構狭く、中央線こそ終始確保されているもののそもそも車線幅にバスが収まらないところが多く、対向のバスが来ると行き違えないところがほとんどなので、広くなっているところで対向車をうまく回避して走っていました。だんだんとバイパスで改良されていっているようなのですけどね。長大なトンネルで地形を無視して一気に突っ切っていくようなところが一部に見られました。栗尾峠はまだ峠を越えて行かなければならないのですけど、トンネル工事が行われている様子が見て取れました。峠からの景色は絶景なんですけどね。

周山は割とまとまった町になっていて、いかにも旧市街という感じのところに郵便局の向かいに周山駅がありました。JR西日本バスとしてはここが終点になってしまっていますが、かつてのバス路線を自治体運営バスが引き継いでいてやはりここを発着しているので、相変わらずバス網の中心として機能しています。広い構内に合計6台の自治体バスが止まっていて、こんなに必要なくらいあちこちネットワークを広げているのでしょうか。ここが自治体バス運営の拠点になっているんでしょうね。バスベイも4つもあってなかなか立派です。国鉄バスが各方面へ発着していた時代に来てみたかったです。窓口もまだ機能していますし、古い時代の国鉄自動車駅の雰囲気がよく出ています。私の地元にあった自動車駅などは酷いオンボロの建物で、廃止後は農業共済の建物にしばらく転用されていたのですが、取り壊されてしまいました。あれを思い出してしまいます。

本来は9時58分に到着してちょっと周りを見て、10時10分のバスで折り返すつもりだったのですが、順調に遅れて10時15分くらいの到着になってしまい、周山駅のちょっと前で京都駅行きのバスと行き違うはめとなってしまいました。まあ仕方ありません。もともと9時58分着のバスがすぐ10時10分発で折り返す運用になっていない時点で、遅れがかなり予想されているような気がします。街を歩き、近くの道の駅ウッディ京北へ行ってお茶を飲んでいました。

11時10分のバスで折り返しです。さっき乗ってきたのと同じバスです。やはり、栂ノ尾より先はあまり利用客はいないですね。栂ノ尾の臨時便の折り返しが行われているバス停のあたりで下車しました。

まずは昼食を取り、それから高山寺を参拝。拝観料を500円取るのに、国宝の石水院を見るのにはさらに600円というのはどうなんだという気がします。またいい場所なのですが、すぐ下が道路になっていてディーゼルエンジンバスのブロロロという音が響いてくるのはどうにかならないものかと思います。ここを中興した明恵上人は12世紀の人で、清貧主義で自然を愛し、人間以外の動物にも説教をしたというのですが、ちょうどその時期にイタリアでは聖フランシスコというキリスト教の聖人がまったく同じようなことをやっていたとかで、その縁で聖フランシスコ教会とブラザーチャーチの盟約を結んでいるのだそうです。なかなか不思議なものです。

高山寺の次は西明寺。こちらは清滝川に架かる小さなアーチ橋で渡った先にあっていい感じです。境内の紅葉がとても綺麗でした。折りたたまれたような階段を登って行くのでとてもコンパクトな感じです。

最後に神護寺。こちらは参道に店があるなどずっと規模が大きいです。堂も大きいですし、境内も広いです。こちらも境内の紅葉が綺麗ですね。しかし、もうだいぶ散ってしまっているものがあるような。

神護寺の紅葉


清滝川に沿う東海自然歩道を伝って保津峡まで歩いてみようかと思っていたのですが、予想外に時間を要してこの時点で15時前だったので断念しました。保津峡までは2時間くらいかかりそうですしね。高雄から帰りのバスに乗り、今度は四条大宮で降りて阪急で帰宅しました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック