嵐山

今日は嵐山に行ってきました。

まずは梅田に出て、金券ショップで先日入手したANAの株主優待券を売却してきました。ついでに年賀状と阪急の390円区間の土日券を2枚入手。嵐山への往復に使います。

本当は「京とれいん」に乗ってみたかったのですけど、うまく時間が合わず、また紅葉シーズンの嵐山直通列車の時間でもなかったので、京都線の通常の特急に乗車して桂へ。この乗換の時点で既に凄い混み方で、嵐山線のホームへ降りるのが大変な状況でした。嵐山線の電車の混み方も、昼過ぎなのに通勤電車のようです。これに揺られて嵐山に到着すると、通常は中央のホームからそのまま改札口に流れるのに、今日は降車を両側の臨時ホームに限定しており、そこから駅舎の2階を通って臨時改札口から外に出されました。こういう使い方をする設備があったんですね。嵐山駅は何度か利用していますが気づいていませんでした。さすがに臨時改札口は自動改札機はフルには備えられておらず、ICカードの人だけ脇の自動改札機を設置した通路を通らせて、乗車券の人は有人通路を通らせていました。

駅を出てからも凄い混雑で、渡月橋は交通規制がかかり左側通行厳守のうえ、ベルトコンベアのように対岸へ送られる状態でした。主要道路はまだ自動車の通行を許可しているものの、その奥はもうすべて歩行者天国にされていて、自動車が通行していませんでした。普段はバスが通る道路なのですが、今日は運休なんですかね。

竹林の道を通って野宮神社に参拝してみようかと思っていたのですが、そもそも野宮神社へ参拝する行列が外に伸びているという凄い状態で、これはちょっとと思って今日はパスしました。そのまま竹林の道を通って大河内山荘へ行きました。ここは1人1000円とかなりの値段を取るのですが、まあ見ておこうと入場しました。抹茶とお菓子が付いていますが、簡単なものですね。ただ休憩にはなりました。山荘内はかなり高低差があり、山荘というものの比較的小さな建物がいくつかあるだけで、広大な庭園という感じです。昭和の映画スター大河内傳次郎が造ったそうですが、景色のよい嵐山によくこれだけの土地が昭和まで残っていたものだと思います。

そのまま北へ歩いて行き、常寂光寺を参拝しました。こちらは本当に紅葉がため息をつくほど美しいところですね。門のあたりでは立ち止まらないようにという掲示があるものの、みんなそのあたりで写真を撮ってしまいますね。紅葉は単独の木でも綺麗ですけど、これだけまとまるとまた壮観です。

今日はこれだけで、南下して阪急嵐山駅へ戻りました。駅の混雑はだいぶ収まってきていました。17時18分には神戸線直通の臨時特急が設定されていたのですが、これにはまだ時間があったので、17時ちょうどの天下茶屋直通の臨時特急に乗車しました。堺筋線へも臨時を設定するんですね。嵐山駅で改札に近い後ろ側は相当な混雑だったものの、前の方はかなり楽に乗れる状態でした。嵐山線内は各停で、桂では嵐山線用ホームに到着し、ここでかなり降りてほぼ全員が座れる状態になりました。本線横断をして京都線に入り、あとは淡路までノンストップという面白いダイヤです。普段から土日ダイヤにはカゲスジとして設定されているのでしょうけどね。淡路ではがらっと降りてしまい、堺筋線直通の設定の意味を疑ってしまいます。後続の準急に乗り換えて十三へ到着し、神戸線に乗り換えて帰ってきました。

この記事へのコメント

とうこ
2013年11月27日 08:36
近鉄吉野線関連の観光部門のひとにはよだれが出そうなほどのうらやましい話でしょうね~
近鉄も紅葉情報とかをもっと出して集客にがんばらないとね^^;
それにしても乗換えが大変なほどの人出ですかすごいですね。
Tamon
2013年11月28日 00:00
吉野も確かに綺麗なんですけどね、嵐山ほどは華が無いというか…。

この記事へのトラックバック