萬福寺・三室戸寺

今日は京都方面へお出かけしてきました。京阪が8000系登場25周年のスタンプラリー付1日乗車券を出していたので、これを使って出かけてみました。スタンプラリーといっても周る箇所は3か所しかありません。

淀屋橋駅へ出かけて1200円の1日乗車券を購入しました。淀屋橋駅が最初のスタンプポイントでもあるので早速スタンプを押して、特急に乗ってでかけます。しかし特急は8000系ではなく3000系でした。まあ3000系も、ダブルデッカーのような特別な車両があるわけではないですが、とても上質な感じのする車両です。

最初はスタンプを集めにまず三条駅へ。すぐにスタンプを押して中書島へ戻り、宇治線へ入って黄檗(おうばく)で降りました。そもそもこの黄檗という駅名自体が、萬福寺の宗派であり山号である黄檗宗/黄檗山から来ているんでしょうね。

黄檗宗というのもあまり知りませんでしたが、禅宗の一派だそうで、よく名前の知られている禅宗の臨済宗と曹洞宗が鎌倉時代の伝来であるのに対して、黄檗宗は江戸時代の伝来のようです。萬福寺はその黄檗宗総本山で、江戸時代はかなりの期間、中国から毎回住職を招いていたそうです。経を中国語の発音で読む習慣が今もあるそうで、あちこち中国風な感じですね。寺院は日本風な感じですが、台湾に行ったときに寺院に飾られていたような派手な屋台のような供え物を置く棚がしつらえられていました。今日は神戸の華僑関係者が来ていて、獅子舞の演舞を奉納していました。やはり中国の影響が強い宗派だけあって、華僑の信仰が多いようですね。獅子舞の演舞はなかなか面白くて見入ってしまいました。

黄檗から三室戸まで1駅だけ乗って移動して、今度は三室戸寺へ行きました。駅から15分ほど山の方に歩きます。さらに階段を登った先にある感じの寺でしたが、やはりここはもう少し季節を選んでくるべきでした。庭園のアジサイやツツジ、紅葉などが名所なので。

帰りに、樟葉で降りて樟葉モールへ。ここが最後のスタンプポイントで、京阪初代3000系電車が保存されているSANZEN-HIROBAのところにスタンプがありました。わざわざここに先頭車を1両持ってきて保存したというのが凄いですね。さすがに床の強度の問題もあるので上の階には持って行けないでしょうし、押し込む作業も大変だったのではないでしょうか。しかし、酷いことにハロウィーンイベントでホーンテッドトレインと称して汚したり落書きしたりのぐちゃぐちゃな状態になっていました。こんなことをしなくても…。

インフォメーションカウンターでスタンプ全回収の商品を貰いました。といっても記念絵柄のコースターなんですけどね。これが欲しかったわけではないのですけど、とりあえず貰ってきました。

やはり、もう少し紅葉が進んでから出かけたいところですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック