かにカニ日帰りエクスプレス

JR西日本が毎年冬場にキャンペーンを行っている「かにカニ日帰りエクスプレス」に行ってみたいなぁと、調べ始めました。いろいろなプランが出ているものですね。

かにをたらふく食べて、温泉に入ったら、帰りはまず間違いなく爆睡ですよね。自家用車で行くと、居眠り運転が怖いです。やはりこういう時は列車で行きたいものです。

兵庫県北部の温泉地、特に香住のように、あまり有名ではない温泉地だと、このプランは大いに活性化に貢献したようですね。まとまった人数で、しかも昼間の高額な昼食と温泉利用をしてくれるわけですから。宿泊客用に保有している部屋や厨房、浴室をそのまま使うだけで、新規に設備投資をする必要がありませんしね。カニのプランでもないと、香住のような温泉には滅多にいかない気がします。

ちょっと古いデータですが、1シーズンで12万人くらいの利用があったそうです。これくらいだと、平均単価を考慮すると20億円くらいの売上でしょうか。JR西日本としても無視できない数値なのでしょう。「はまかぜ」をキハ181系からキハ189系に置き換えた際にも、「かにカニはまかぜ」を運転できる数量は考慮したのではないでしょうか。

さて、紅葉も見たいので、ここのところ週末は大体そういう感じで出かけているのですが、どうしましょうか。

この記事へのコメント

とうこ
2014年11月12日 05:58
「かにカニ日帰りエクスプレス」といえば真っ先にキハ181や82を思い出しますねw
今の若い人が見たら車両火災?と間違いそうな煙を上げて走り出す旧世代??の気動車がなつかしいですね。
Tamon
2014年11月13日 00:38
私には、新快速に追われて必死で逃げていた印象があります(苦笑)。

この記事へのトラックバック