185系

最近鉄道模型をあまり買っていませんでしたが、久々に新しいものを買ってしまいました。KATOからこのほど発売されたリバイバル塗装の185系「踊り子」です。185系は、現行塗装の物は流通していたのですが、やはり0番台の登場当時の「斜めストライプ」の印象が強すぎて、初期の塗装の物が再生産されるのを待っていました。今回KATOから発売された185系は、初期のものを模型化したのではなく、最近のリバイバル塗装を模型化したものなのですけど、色は同じなのでこれを購入することにしました。初期と現在の違いで大きなところは、スカートが取り付けられていることだそうです。

パッケージを開けてみて、最初に思ったことが、車体の白い部分はこんな色だったっけ、ということです。私の印象では、もっと明度の高い白だったのですけど、少し黄味がかったようなクリーム色のような色で塗られていました。どうも私の印象が違っていたようで、ウェブで写真などを見るとこんなものなんですね。緑はこんなものだと思っていたのですけど。また、グリーン車だけ窓枠が金色になっていますね。

それにしてもやはり185系は斜めストライプの車両ですね。今の塗装が決して悪いわけではないのですけど。

15両のフル編成は見送り、10両の基本編成だけにしました。しかし今思えば15両買っておけばよかった気もします。行き先表示は伊豆急下田行きを貼りましたが、付属編成を買わないと修善寺行きを使うことができないです。修善寺行き編成も欲しかった感じがします。

久しぶりに模型をいじりましたが、やはりなかなか楽しいですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック