零戦飛行企画

飛行可能な状態の零戦が、アメリカから日本へ運ばれてきて、再び日本で飛ばそうという計画が進んでいるようです。これは面白いですね。

アメリカでは飛行可能な状態にある零戦が複数存在していて、実際に飛んでいるんですよね。そういう動態保存をする人たちがたくさんいて、羨ましい限りです。日本ではそもそも個人で飛行機を飛ばすという人がかなり珍しい存在ですしね。飛行機の動態保存というのは、日本では話を聞いたことが無いです。

日本で飛ばすためには法的な問題があり、耐空証明が無いのでどうするのかということがあります。アメリカ国籍の機体の試験飛行名目で飛ばすことを想定しているようです。

しかし、今後とも飛ばせる状態を維持して行くのは大変です。日本は湿度が高いので特に大変だという話を聞きます。アメリカのように乾燥した場所があればだいぶ楽なのでしょうが。しかし注目して行きたいものです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック