スライド英訳

今日は、以前作成した資料(PowerPointスライド)を英訳する作業をしていました。こちらの仕事状況を、今度中国を訪問した際に紹介するためです。技術の輸出になると輸出管理がうるさいので、問題にならないような公知の範囲だけですが。

こういう作業をしていて思うのは、漢字の意味圧縮能力の高さですね。非常に狭いスペースに強力に圧縮して意味を盛り込めてしまうので、英語に訳すと場所が足りなくなって困ります。特に図の中に描きこまれている字は、差し替えるのにとても苦労します。手間の意味だけでなく、訳の選択でも、場所の確保でもです。また、日本語は主語をほとんど省略して書いてしまうので、いざ英語に訳そうとして、どうしたものかと困ってしまうところがあります。

ともあれ、今日の作業で一揃い資料を揃えて、関係各所に回覧の手配をしました。これで、現地を訪問する準備がだいぶ出そろった感じです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック