C59発売予定

KATO(関水金属)が12月に発売予定のNゲージ鉄道模型を発表しました。何と、ついにC59が発売されます。

このC59は因縁というべきか、はるか昔のKATO総合カタログで「発売予定」と掲載されながら、20年以上に渡って製品化されないままに放置されてきた車両です。Nゲージをやる人の中では、KATOさん、C59はまだですか、と昔から言われてきました。それがついに、本当に製品化されることになったようです。さすがに最近の情勢では、製品化予告されたものが発売されずに終わる、というのはKATOでは考えづらい状況なので、遅れることはあっても発売されるのでしょう。

C59は、戦前の日本を代表する急行用旅客蒸気機関車で、軸重がとても重いのでほぼ東海道本線・山陽本線に限定して使われていました。戦後、鹿児島本線などでも使われるのですけど。後にD52のボイラーを搭載して車軸配置をハドソンにしたC62が登場するとそちらにお株を奪われる形になりますが、こちらもそれなりにファンがいるようです。

同時に発売されるのは、10系「安芸」です。東京と広島を結んでいた急行列車で、三原から海田市まで呉線を経由しており、主にこの区間をC59牽引で走っていました。C62牽引だった頃もあったはずです。糸崎で電気機関車から交換して牽引していたようです。呉線を経由したのは、セノハチの急勾配を回避するという事情があったようです。今回、マシ38やカニ38というマニアックな車両も含んだ状態で発売されるようで、こんなのが完成品模型で発売される時代が来るとは、という声が上がっていました。マシ38は戦前製の食堂車、カニ38は側面にシャッターが付いた面白い構造の荷物車ですね。

久々に模型が面白い感じになってきました。買うことでしょうか。

この記事へのコメント

とうこ
2015年09月10日 06:57
瀬野八回避のための呉線ですかw
今でも瀬野八峠ごえにEF210-300番台の「押し太郎」にがんばってもらってますからね・・・EH200の配置は難しそうだものねw

同じような「バイパス路線」に赤穂線もありますがこちらはやや意味合いが違うようですね、どちらかというと御殿場線のほうが似た事情ですね。

C59の発売ですか、阪神なんば線のように忘れられたころやっとってやつですね~まあ積水金属さんの最新技術投入する蒸気機関車模型楽しみですね~ちなみに私はC59というと近鉄南大阪線6020系6059F編成番号C59が一番先に来ましたw
Tamon
2015年09月11日 01:43
近鉄の編成記号ですか。あれって4桁だったような…。
とうこ
2015年09月11日 09:25
6020系6059F←編成番号 C59←車両の電略です。
説明不足でしたね、すいません。
近鉄の車両の多さからなかなか新車の投入による車両更新がなされない南大阪線通勤電車です。

この記事へのトラックバック