最上山公園

今日は姫路まででかけて、できあがった指輪を試してきました。これでできあがりではなく、サイズが確定したら、内側に文字を刻印してもらいます。なので、今日は婚約指輪だけを受け取ってきました。サイズは、最初に指定した通りでほぼ良かったようです。指輪を外すのは、結構コツが要りますね。

婚約指輪は、ダイヤモンドが付いているので、やはり普段から着けているのはちょっとという感じがします。華やかな場所に出ていくときなどはいいのでしょうけれど。今日は1日、つれに着けておいてもらいました。

その後、宍粟市の最上山公園の紅葉を見に行きました。宍粟市は、市域内に入ること自体が初めての場所ですね。鉄道の沿線に無いと、私が行く機会が極めて限られます。姫路(太子町)から鳥取を結ぶ国道29号はここを通過しているんですね。かつて、網干と竜野、新宮までを結んでいた電気鉄道の播電鉄道は、山崎(現在の宍粟市の中心部)までの延長を計画していましたが、実現しませんでした。実際に来てみると、山崎は割とまとまった街並みがあるんですね。確かに、鉄道が実現していてもおかしくないように見えました。

近くに設置された臨時駐車場から歩いて最上山公園に向かいました。沿道には古い造り酒屋があるなど、雰囲気の良い街並みです。譜代の藩主が代々治めた城下町なのだそうで、なるほどと思わされます。山は、とてもよい色づきの紅葉でいっぱいで、これは綺麗でした。

少しずつ準備が進んできた感じですが、本当にいろいろあって忙しいですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック