中央弘前駅改装計画

弘南鉄道中央弘前駅で、駅の大改装が計画されている(PDFファイル)ようです。PDFの19枚目に周辺の完成予定地図が描かれていますが、かなり変わることになりそうですね。

今の中央弘前駅は、広場らしい広場はなく、幹線道路からもちょっと入り込んだところに突然小さな駅舎が存在しているという感じの場所です。いかにも昔ながらの地方私鉄の駅という感じで、駅舎にたこ焼き屋みたいな店舗が入店しているなど、ノスタルジックな感じではあります。しかし現代的ではないわけで。バスとの連携などを考えると問題なのでしょう。

周辺の建物のある土地をかなり買収して駅前広場を大きく設置する構想であるように見えますね。背後に赤レンガ倉庫があるとは知りませんでしたが、これも取り込んだ形にする構想のようです。東側に教会があるのですけど、これはいじらないようにするのですかね。あの建物も結構趣があります。道路の周辺整備も必要なので、これは結構大掛かりでしょう。

弘南鉄道の大鰐線は廃線論議が一時出たほど利用が減少しているのですけど、地元がこれだけ手を入れようとするということは、これからも維持していくという方針なのですかね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック