なにわ筋線環境影響評価方法書公表

大阪市が、なにわ筋線に関する環境影響評価方法書を公表したようです。私も最初はちょっと勘違いをしていたのですが、環境影響評価書、すなわち環境アセスメントの結果ではなくて、まず環境アセスメントを実施するための方法書、だということのようです。これから環境アセスメントは実施するのですね。

興味深いのがルートの概要で、梅田北ヤードの地下駅から分岐してなにわ筋を南下し、西本町駅の南側にJRと南海の分岐点が描かれています。まだ難波に近づく前に分岐してしまうのは、双方の分岐を立体交差で処理するために、分岐した後に交差できるまで高度差を稼ぐ距離が必要だったのでしょう。

そして、JR難波が既に接続を想定した地下駅なので無理なくつながっているのに対して、高架の上にある南海難波駅周辺がえらいことになっています。だいぶ深い位置になにわ筋線の南海新難波駅があり、そこから延々と登って新今宮で南海本線にとりつく設計です。ここはかなりの勾配になるようです。どこで地上に顔を出して、そこはどうやって土地を調達するのか、という感じではあります。また、高架線にどうやって接続するのかも気になりますが、平面交差なのでしょうか。

しかしここまで進んできたというのは、いよいよ実現するのだなという感じがしてきますね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック