竹野カニ旅行1

今週末は、カニを食べに但馬地方へ妻と旅行で出かけました。

妻の体調の問題もあり、ゆっくりとお昼頃に出発しました。途中、阪急の駅そばでうどんを昼食として食べました。ここのうどんを妻が大変気に入っていて、美味しいと高評価です。今津線から宝塚に到着し、JR宝塚駅のみどりの券売機で、あらかじめe5489サービスで予約しておいた乗車券・特急券を受け取りました。今回の「こうのとり」は福知山止めで、いわゆる「北近畿ビッグXネットワーク」の接続で、京都からやってくる「きのさき」と同一ホーム乗換です。これで列車本数を実質的に確保するのは、もちろん良い作ですけど、やはり直通列車の利便性には勝てないわけでして…。券面は、B特急券が通しで、それとは別に指定券が「こうのとり」「きのさき」でそれぞれに発券されてきました。

和田山で急病人の救護を行った特急列車があったそうで、そのために玉突き状にあちこち遅れが発生し、我々の乗った列車も対向列車待ちなどで遅れていきました。単線区間はこういうところが弱いです。福知山-城崎温泉は、単線にしては割と密な列車ダイヤになっていますし。複線区間だと次第に遅れは回復していくのですけどね。城崎温泉でさらにその先へ行く普通列車に乗換ですが、これが我々の乗ってきた特急列車が折り返し、その折り返した列車が隣の玄武洞で列車交換するのが我々の乗る予定の普通列車だ、ということで、さらにべたべたに遅れてしまいました。これなら、豊岡で乗り換えても良かったんじゃ。

竹田城の観光をテーマにした改装をうけたキハ40がやってきました。この地方の普通列車にしては長いと思われる3両編成です。結構混雑していました。竹野や香住に行く人がこれだけいるんですね。

竹野に到着すると、どっと人が降りて、駅前に待ち構える旅館やホテルの迎えの車に吸い込まれていきました。鉄道でこういうところを訪れる人が、今でもこんなにたくさんいるのですね。先日の大雪で、城崎温泉より先のJRがしばらく止まっていましたが、それに地元の観光協会などが不満を訴えるわけですね。

ホテルは、思ったより古い感じで驚きました。まあ夕食は、カニをたらふく食べておいしかったので良かったです。温泉ものんびりしました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック