古書店で売却

今日は、鉄道雑誌を古書店に売却しに行きました。以前、バックナンバーをネットオークションなどを通じて揃えた際にダブりが生じたものを、そのまま保管していたためです。これまではネットオークションに出品して少しずつ売却してきましたが、あまり売れないので諦めることに。

ネットで鉄道書を扱っていそうな古書店を探し、電話をかけて、こういうものがあるが買い取るか、と問い合わせると、2軒目で、その内容であれば買い取れますという返答でした。そこで車を出して、そこまで40冊ほど運んできました。結果的に3800円で売れました。1冊100円にもならない雑誌もあったことになりますが、まあ、ネットオークションでも100円で売るのがせいぜいでしたので、手間を考えるとこちらの方が楽だったように思います。

他にいい本は売っていないかと思わず探してしまうのですが、そういうものはあまりありませんでした。まあ、こういう売り方もあるのだなと理解した日でした。

この記事へのコメント

たづ
2018年02月05日 22:38
以前自分が同様に一部を処分したときは、「鉄道本は人気がないので、1冊5~10円です」と言われました。
10年以上前、車社会の地方ということもあるのでしょうし、自身もこの記事は要らないと思って処分するのですからまあ納得ずくですが。
でも売る段になると、税別100円になるんでしょうね。
Tamon
2018年02月05日 23:37
まあそれくらいの利幅を取らないと、売れ残りのリスクとかも考えると古書店も成り立たないでしょうね。売るときの値段がもっと高い本なら、買い取り価格の率はもっとよくなるのでしょうが。

この記事へのトラックバック