但し書き操作

今回の豪雨で、ダムの操作についてまたぞろ問題になっているようです。

ダムが満水になったら、いわゆる但し書き操作をして、流入量と放流量が同じになるように制御するわけですが、それがわざと放流して下流に洪水を起こさせたと思われているようです。しかし、流入量と放流量が同じということは、ダムがないのと同じ状態になるというだけであって、別に自然の流量に加算しているわけではないのですよね。極めて単純な話なのですが、その単純な話も理解できない人がいるようです。

おまけに、満水でも放流しなければ、単にダムの上を溢れて水が流れていくだけで、但し書き操作で放流したのと同じ状態になるわけですし、かえってダムの設備が壊れて、それ以上の操作ができなくなったり、最悪決壊してダムの貯水量がすべて一気に流れ出してしまったり、ということにつながるだけで、いいことは何もないわけです。まったくもって、何を言いたいのか謎です。単に被害を他人のせいにしたくて騒いでいるだけなのでしょうか。

別に操作の過程を検証すること自体は問題ないと思いますが、誰かに責任を問えるような話ではないと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック