ミリ波利用の保安検査装置

ロサンゼルスの公共交通機関で、ミリ波を利用して乗客をスキャンして武器や爆発物を探索する装置を導入するそうです。

先日の東海道新幹線の凶器持ち込み・襲撃事件の時にも、手荷物検査などを実施するべきではないかという話が出ていましたが、現状の日本の鉄道の圧倒的な利用客数では実現困難でしょう。しかし、この記述によれば空港のセキュリティ検査のように1人ずつ通すのではなく、大勢の人が流れている中でも検索できそうですね。大人数に対する処理能力がどの程度であるのかが凄く気になるところです。

しかし、「X線などを使う検査装置と違って電磁波を照射しないため」という謎記述がありますね。ミリ波も電磁波でしょうに。放射線ではないと言いたいのでしょうか。

空港の保安検査も正直苦痛です。この手の技術で大幅に楽に、荷物を持ったまま流れて入って行っても大丈夫なくらいになって欲しいものです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック