ScanSnap SV-600導入

ScanSnap SV-600を導入しました。結構な値段がするものなのでためらっていたのですが、思い切って購入することにしました。今日届きました。

SV-600は、本を見開きのままでスキャンすることができるスキャナです。いわゆる自炊用途に使われるわけですが、オートシートフィーダーを使ってどんどん吸い込んで読み込むスキャナは本を解体しなければならないのに対し、SV-600は上からカメラのように撮影してスキャンするので本を解体する必要がありません。また、フラットヘッドスキャナだと毎回ページをめくっては本をひっくり返してセットする必要があるのに対して、SV-600だと床置きした本のページを次々にめくっていきながらスキャンボタンを押していくだけで、はるかに簡単です。

早速ですが、うちにある厚手の本のスキャンを試してみました。スキャンに要する時間は1回で数秒程度で、従来持っていたフラットヘッドスキャナではA4までしか対応していないのに対して、SV-600はA3を一気にスキャンできることもあり、圧倒的に速く楽ですね。ボタンをポチポチ押していく感じです。

上からカメラでスキャンしていますし、見開きのまま本をスキャンするので、どうしても本の丸みがそのまま残ってしまいます。そこで専用の補正ソフトで修正を図りますが、こちらの方がやや手がかかりますね。本の輪郭をソフトの上で手作業で設定してやる必要があります。1ページずつやっていくので、たくさんスキャンするとこれだけで時間がかかる感じです。できれば、この作業の途中で一旦ファイルに保存して、後で再開できるようになっていると嬉しいのですが、現状ではそうなっていません。

補正してもなお、やや歪みが残るページもあり、最初から綺麗に丸みのないようにスキャンした方がはるかに綺麗です。やはりこれはどうしようもないところです。オートシートフィーダー付きスキャナやフラットヘッドスキャナに比べると、できあがりの画像は劣ります。これはどうしようもないでしょうね。本のたくさんのページを、本を解体せずに一気にスキャンするという用途専用という感じですね。

まあそれなりに使いではありそうです。

この記事へのコメント

たづ
2018年08月10日 18:04
レンズで曲がった画像を解析で修正する技術は、一部の高機能防犯カメラに使われています。ただ、本の場合曲がった画像になるのはレンズの曲率のせいではなく、紙自体が曲がってるからなので、その分補正は大変でしょうね。
本来こういうことは、業者でやれれば技術も蓄積され洗練されていくのだろうと思うのですが、日本の著作権法上自炊しかできませんし。
電子書籍を出している出版社、それも古い版の電子再版をやっている会社ならばそういう技術や機材を持っているかもしれませんが。
Tamon
2018年08月11日 00:03
国会図書館のデジタル化資料が、本の綴じている部分近くでスキャンがうまくできそうにないところまで綺麗にスキャンしているのが不思議です。何かノウハウがありそうです。

この記事へのトラックバック