帰省下り

妻の実家に車を置かせてもらって、新幹線で私の実家に帰省しました。

今回、生後6か月の娘が初めて鹿児島へ行くということで、気圧変動のある飛行機ではなく、新幹線が良いとの希望を受け、また大荷物を抱えていく関係上、新幹線の駅に直接車で送ってもらえる方が良いと、妻の実家経由となりました。妻の実家からであれば、車でのアクセスのよい相生駅を利用できます。姫路駅だと、車を降りてからの歩く距離が長かったり、車で迎えに来た時に待っている場所が微妙だったりしますね。もっとも、相生駅だと「さくら」は止まらないので、岡山駅での乗り継ぎが必要になります。

相生駅で列車を待っていると、短い間にも「のぞみ」や「さくら」がバンバン通過していきますね。ほぼ最高速度を出している区間なので迫力があります。対向の番線にハローキティ新幹線の500系が停車中で、思わずいろいろ写真を撮ってしまいました。

車内では、娘は比較的落ち着いていて、あまり騒ぐこともありませんでした。九州に入ったくらいからはウトウトしていました。長時間の移動がどうなるか、気にしていたものの、さほどの問題にはなりませんでしたね。助かりました。

鹿児島中央駅に、ちょうど休暇だった妹に迎えに来てもらって、実家まで移動しました。実家では早速両親が娘にデレデレしています。まあ、のんびりとした年末になりそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック