名取市の鉄軌道調査

宮城県の名取市が、新しい鉄軌道の調査をするそうです。こんな話があるんですね。

市長の選挙時の主張にある、地下鉄南進と仙台空港アクセス鉄道の常磐線接続ですが、後者はいまいちしっくりきませんね。名取市は狭い自治体なので、仙台空港アクセス鉄道から南の方へ行くと、すぐに岩沼市に入ってしまいます。したがって南に伸ばしても名取市にそれほど利益があるとは思えません。名取市にとっては南の方へ行く需要はそこまでないでしょうし。あるいは、現行路線で名取駅で折り返し運転して岩沼の方への系統を作るという話なんですかね。

地下鉄南進もまた、JRの利便性向上では足りないのか、と思うのですが、記事にあるようにゆりが丘、那智が丘の利便性向上、とあるので、地図を調べると、なるほどJRからはかなり西に離れた山の上のニュータウンなんですね。そして、名取川を挟んですぐ北側には、仙台市営地下鉄南北線の富沢駅と車庫があります。これなら確かに延伸距離は比較的短く済みそうです。

しかしそうはいっても、この程度の規模のニュータウンで鉄道を引いて成り立つかというと、なかなか厳しいと言わざるを得ません。仙台市内の集中度とはわけが違いますからね。まあ構想としては面白いのですが…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック