東京駅からの乗換回数マップ

最近、Twitter上で東京駅から直通列車で到達できる道府県を図示した地図が話題になっていました。これを市町村単位にしたらどうだろう、という意見が出ていたので、早速作成してみました。
画像


2018年3月改正平日ダイヤの定期列車限定です。東京駅から下る方向に、各自治体の中でどれか最小の乗換回数で到達できる回数を表示しています。災害長期不通区間は鉄道がないものとして扱っています。常識的な範囲の徒歩乗換はできるものとしています。ダイヤの都合上乗換地点で宿泊が必要な場合を含んでいます。

最小乗換回数がもっとも大きかったのは3回で、北海道・九州・四国にあるのは不思議ではなくても、大阪府箕面市といったところが登場するのが面白いです。阪急箕面線への梅田からの直通列車がなくなってしまったからですが、今後北大阪急行が箕面まで伸びてくれば、一気に乗換1回になります。また北海道の乗換3回市町村は、新幹線が札幌まで伸びて、他のダイヤが変わらなければ、乗換2回になります。

熊本県合志市は、熊本電鉄の御代志駅周辺にあり、熊本電鉄の本線の起点藤崎宮前はどの路線にも接続しないので、上熊本から北熊本で乗り換えるルートが必須になります。普通に考えると博多から新幹線で熊本へ行き、在来線で戻って、となるので東京からだと乗換4回になるのですが、博多から朝に2本だけ熊本行き普通列車があるので、博多から上熊本は直通できます。これはほとんど現実的な行程ではないですけれどね。

また枚方市など片町線沿線は、普通に考えると乗換2回ですが、東京から西明石まで新幹線で行って、そこからJR東西線・片町線直通の列車に乗ると乗換1回です。これもまた非現実的な行程ですね。

以外と乗換回数は少なくて済むのだなと感じました。新幹線が伸びるにつれて、これは改善されていくことが期待できます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック