石勝線夕張支線廃止

今日で石勝線夕張支線が最後の運行だったようですね。夕張という、かつては日本でも有数の大都市だったはずの都市から、石勝線の本線を除いてすべての鉄道が失われるというのは、なんとも時代を感じさせる話です。あのような場所に人口がある程度張り付いているというのは、ほとんど過去からの経緯以上の理由がありませんしね。

私は2002年に訪問したのが最後でした。廃線前に何とか再訪したいところでしたが、叶いませんでした。さすがに家族持ちになると厳しいですね。2015年に留萌本線を何とか行けたのが幸いというべきでしょうか。

割と細長い谷に、細長く人口が張り付いていたので、1本の公共交通を通すだけでたいていの場所に対応できるという点では有利な場所だったのですけどね。それでも結局、車に慣れきってしまうと鉄道もバスも使われないのです。それに、マウントレースイスキー場の観光開発に合わせて、路線を短縮して夕張駅をスキー場の前に移転させたのは、やはり北部への行き来ができなくなるという点で不味かったように思います。かつては、石炭の歴史村公園のあたりまで伸びていたんですよね。新しい需要に対応するなら、短縮ではなく駅の新設で対応すればよかったのに、と思います。

札沼線も廃止が決まっていて、後は留萌本線、根室本線、日高本線でしょうか。それ以上廃止が進展するのかどうか、いまだにわかりませんね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック