なにわ筋線整備構想

なにわ筋線の整備構想について説明されている記事があります。列車本数の設定が面白いです。

日中1時間当たり、JRが特急を3本、快速を4本、南海が特急を2本、急行を4本走らせる計画だそうです。日中でも1時間13本の列車が走る結構な混雑路線になりそうです。JRの特急は、「はるか」と「くろしお」を全部こちらに移すということでしょうか。一方快速4本というのは、関空快速みたいな列車だと便利なのですが、線路のつながり方としてはおおさか東線の方につながっているので、そちらから直通させるのだろうかとかいろいろ考えてしまいます。おおさか東線は、通勤電車タイプの車両を使っているのに対して、関空快速は現状223系の転換クロスシート車両ですし。ここがどうなるのかいまいち読めません。

南海は、「サザン」や「りんかん」「こうや」といった一般の特急列車は難波発着のままにして、空港特急「ラピート」だけなにわ筋線に入れる感じでしょうね。急行は、空港直通の列車を入れるのでしょうけど、急行が有料優等列車を意味するJRと同じ線路に、民鉄の無料急行列車を走らせて大丈夫でしょうか。JRがこの線路で急行を走らせるわけではないでしょうが。まあ現状でも、りんくうタウンでJRと南海は並んでいるわけですけども。そして、南海は仮称北梅田で折り返しなのですかね。

おおさか東線や北大阪急行延伸など、あちこち小粒な延長は近畿地方でもあるのですけど、これは久々に大型新線という感じがしますね。

この記事へのコメント

とうこ
2019年04月18日 11:11
なにわ筋線構想の話題楽しく読ませていただきました~

おおさか東線が新大阪駅まで開業して落ち着いてしまい興味が薄れてJR奈良線の複線化工事と梅田貨物駅後にできる仮称北大阪駅に興味が移ってますわ~
阪急淡路駅改良工事苦戦しているようですね~近鉄大和西大寺駅の立体工事をしようとしたら近鉄布施駅以上に苦戦しそうですね、おまけに奈良市はちょいと地下を掘ると文化財が・・・!なんて地域なんですよね。
Tamon
2019年04月19日 00:20
淡路は用地買収がネックみたいですね。工事自体は結構進んでいるように見えますが。
大和西大寺は立体交差化はまったく無理だと思います。

この記事へのトラックバック