予土線の維持が厳しいと表明

JR四国社長が、予土線の維持は厳しいという認識を示したそうです。まあそうですよねぇ。

先日のJR四国の区間ごとの輸送量の公開データを見ても、予土線と牟岐線南部は非常に厳しい値でした。予土線があることで、四国南西部の循環路線の輪が閉じているのですが、現実にはこの路線を使うことで通り抜ける需要がどの程度あるかというと、ですよね。一時期、特急列車で高知と松山を結ぶように走らせたことがあったように思いますが、すぐなくなってしまったので、結局需要がないのでしょうね。また、高速バスが速すぎます。

これで、高速道路が着々と建設が進んでいる状況ですしね。予土線と完全並行ではないものの、中村から宿毛を周って宇和島へ行く高速道路が次第に伸びつつあり、完成すれば四国の南西側循環ルートの都市間需要は高速道路ですべて賄えることになります。ここに鉄道を維持している価値がほとんどないのですよね。

ただ牟岐線の末端より先にこちらの話が出てくるのは意外の感もあります。阿南より先を切り離す話が出てくるかと思いましたが。これはこれでその先に阿佐海岸鉄道があるから難しい面もあるのでしょうけれど。

愛媛県・高知県としてはどうするのでしょうね。特に高知県は、特定地方交通線となった中村線を維持し、その後宿毛線もごめん・なはり線も開通させて、県内の鉄道交通を維持している感があります。一方で予土線は高知県内をそれなりに走るとはいえ、その沿線に大きな都市はないのですよね。高知県内の需要を考えるだけなら予土線は不要とも言え、さてどうしたものかという感じがします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック