臨海部地下鉄

以前から少し話は出ていましたけど、銀座付近から臨海副都心までの新地下鉄構想が有力になってきたようです。BRTかLRTでやるという話ではなかったのでしょうか。別記事にもありますが、予想される1日の利用客は5万人だそうで、これでは地下鉄を建設・維持するに足る規模ではないですね。2500億円かかるそうですし。

そもそもこの区間だけ建設すると、車両基地をわざわざこのためにどこかに用意しなければならず、極めて非効率です。既存の地下鉄などに接続して、そちらの車両基地を利用できるようにしないと、実現は難しいでしょうね。そこで、つくばエクスプレスと接続するという構想なのでしょうね。つくばエクスプレスにはもともと東京駅延伸構想がありますし。しかしこちらも混雑対策に必死で、まだ東京駅延伸どころではなさそうなんですよね。臨海部地下鉄がとりあえず銀座付近からと言っているのは、東京駅の整備費用をどちらが持つか、という綱引きらしいと聞きました。東京駅からと先に言った方が負担させられる可能性があるから、ということですね。東京駅は丸の内仲町通りあたりの地下ではないかという話を聞きました。丸ノ内線よりは遠く、三田線よりは近いという感じだそうです。

確かに、JR東日本が計画している羽田空港アクセス線にもつなげることは可能なのですが、JR自身が東京駅から直通できる東山手ルートを構想しているのに、こちらからの乗り入れも認めるものでしょうか。このあたりで、りんかい線(東京臨海高速鉄道)の大半の出資者である東京都との交渉があるかもしれない、という観測も見ました。

まあ構想だけなら楽しいのですが、実現へ向けてどの程度動くものか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック