千葉都市モノレール延伸中止の公算

千葉都市モノレールについて、延伸事業は中止の公算だそうです。元から千葉都市モノレールの採算は厳しかったですしね。

県庁前からさらに伸ばす構想があることは知っていましたが、2km程度をJR/京成千原線に沿って伸ばすようなことをしても、さらに採算性が厳しくなるだけに思えます。そもそも、県庁前への支線は必要だったのか、とよく批判されているところですしね。現状でも、近くにJRや京成の駅があるので、そこまで交通は不便ではなく、さらに安いバスも運行されているのです。

これに対して、穴川から分岐して稲毛海岸へ行く構想はこの地図で初めて知りました。地図を見て、なるほどとは思いますが、千葉市内の交通網を充実するという意味はあっても、この動線で移動する人がどれだけいるだろうかと思ってしまう場所ではあります。稲毛海岸周辺が大規模な工業地帯だったりオフィスビル群だったりすると、それなりの通勤需要を狙えるのかもしれないですが、地図で見る限り住宅群なんですよね。ではここに住んでいる人たちがどこに通勤するかと考えると、東京方面へ総武本線/京葉線で行ってしまうか、千葉に出るかなわけで、正直穴川につないでも、という感があります。私も土地勘がないので、まったく見当はずれのことを言っているのかもしれず、詳細な費用便益分析に当たってはそのあたりを考慮してあるものとは思いますが。

千葉市長は費用便益比を重視するといっているそうで、まあそれは妥当でしょうね。詳細な資料が公表されることを望みます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック