二本木駅

えちごトキめき鉄道の二本木駅が登録有形文化財に指定されるそうです。豪雪地帯対応の独特の鉄道駅景観が評価されたそうで、そういうものも評価対象なんですね。もっとも、重要文化財ではなく登録有形文化財なので、割とどんどん指定される方ですよね。

記事でも触れられているようにスイッチバックの駅です。他にこの近辺では関山もスイッチバック駅でしたが、こちらは本線上にホームを移設してスイッチバックを解消しました。なおもかつての引き上げ線が残されていて、かつてはシュプール号の留置に使われていたと聞いたことがあります。こちらの二本木も本線上に移設することは不可能ではなかったはずなのですが、これまた記事で触れられている化学薬品の輸送列車があったために、貨物扱いの都合上スイッチバックを廃止できなかったようです。貨物列車が廃止となった今となっては、本線上に扱いを移すこともできるようになったのでしょうが、登録有形文化財になったということは、なかなかそうしづらいのでしょうかね。鉄道の合理的な輸送という面ではスイッチバックなどない方がいいわけですが。

私は2004年にここを訪問しており、まだ化学薬品のタンク車が多数構内に並ぶ様子を見ることができました。日本曹達のいわゆる「毒ウサギ」ですね。化成品輸送がほぼなくなってしまったのは残念至極です。

また現地を訪問する機会はあるでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック