おおさか東線北区間初乗車

今日は、3月のダイヤ改正で開業したおおさか東線の北区間を初乗車に出かけてきました。

まずは阪急で千里線の下新庄へ。淡路の連続立体交差事業がどこまで進んでいるのかを一緒に見ようという寸法です。千里線側は直上立体交差です。このために、神崎川橋梁のところで仮橋梁に切り替えられています。資料で明示されている連続立体交差化の千里線の北側の端にあたるので、おそらくこの橋梁の部分を利用して既存線に取り付く設計なのだと思います。しかし、この規模の橋梁を仮線にするというのはかなり費用がかかっていそうです。仮の橋梁だからといって強度を落とすことはできないわけですし、仮橋梁使用中に大きな地震があったとしても耐えられる設計にしなければならず、結局完全に橋を新設するのと何ら変わりない費用が仮橋梁にもかかっているはずです。神崎川橋梁を2回架けるような費用が発生してそうです。

JR吹田駅のところから阪急千里線を通り淡路、京都線を通ってまた新大阪の南側でJR線に復帰するルートは、大正初期に切り替えられる以前の国鉄東海道本線の旧線ルートです。つまり、ここは元は国鉄の蒸気機関車が客車や貨車を牽いて走っていた場所なわけです。ルート変更後、元の線路敷を北大阪電気鉄道が入手して電鉄網を築いた経緯があります。そのために、千里線神崎川橋梁の橋脚は、東海道本線建設時に構築された煉瓦積みのものでした。残念ながらこの橋脚は、新しいものに取り換えて撤去されることになります。現状仮橋梁に千里線の運行を切り替えた状態になっており、元来の橋梁はほとんどの桁が撤去済みで、橋脚を壊しているところでした。まだ健全な橋脚が見えており、その写真を納めることができました。

ここから歩いておおさか東線の神崎川橋梁を見て、さらに歩いて南吹田駅へ到着しました。やはり真新しい駅はいいですね。おおさか東線の南区間と何ら変わらない設計に見えます。対向のホームに通過列車の表示が出ているから何かと思えば、奈良行きの直通快速でした。こんな時間帯に走っていたのですね。駅のホームの端からはすぐ先に神崎川橋梁が見えており、神崎川信号場の場内信号機と思われる信号機も見えていました。

ここから新大阪に向かって、まずは末端区間を乗車しました。梅田貨物線に合流する部分の手前に場内信号機があり、おそらくここから新大阪駅構内の扱いなのでしょう。しかしそこからさらに神崎川橋梁をまたわたって神崎川の南に戻り、新大阪までの長い道のりです。このホーム、おおさか東線がほぼ占有するのかと思いきや、同じホームの反対側は上りの特急列車がどんどんやってきますね。また今日は長い連休の中間ということで、通過していくコンテナ貨物列車はほとんどコンテナを積載していませんでした。

一旦改札を出場してから再入場し、次のおおさか東線の列車でJR淡路へ。ここでまた阪急の連続立体交差事業の探索に戻ります。阪急は、京都線と千里線の交差する淡路駅の問題を解決するために、京急蒲田のような二層構造にする設計になっています。しかし阪急淡路駅のすぐ東側でJRおおさか東線が千里線・京都線をオーバーパスしているわけで、そうなると新たな阪急の高架はさらにその上を行く2層構造にならざるをえず、大変な高さになっています。

数年前にもここに見物に来ましたが、今日見たところ、それほど進捗しているようには見えませんでした。そもそも周辺の土地区画整理事業と合わせて進行しなければならず、一部で用地買収が難航していて、事業期間の大幅な延長を強いられている状況ですから、あまり頑張って高架橋を急いで建てても意味がない、というところがあるのでしょう。

JR淡路から再び乗車して、淀川橋梁を渡って南へ。まだ赤川仮橋だった頃に見に来たことがありますが、初めて列車に乗って通過しました。城北公園通、JR野江と停車して片町線合流の鴫野へ到着しました。おおさか東線の北区間、意外と混んでいますね。これほどの利用が最初からあるとは。鴫野では片町線とおおさか東線はいわゆる線路別の配置になっており、北側からきたおおさか東線が片町線に並行になっているだけです。鴫野と放出の間では、片町線の木津行きの線路がおおさか東線の2本の線路をまたいで一番北側に出るので、放出では方向別配置になり、同一プラットホーム乗換ができます。放出の東側では、片町線京橋方面行きの線路がおおさか東線の2本の線路をまたいでいる構造で、よく考えられた線路配置ですね。

放出でラーメンを昼食にして、その後大阪市立中央図書館へ出向いて資料を調査していました。夕方は知人がやってきていたので一緒に食事に出かけました。なかなか美味しい店を予約してもらっており、会話とともに楽しめました。

明日は妻と娘を迎えにいきます。

この記事へのコメント

とうこ
2019年05月04日 11:47
おおさか東線の北線区間~開業のお祭り気分が終わったらガラガラになるのかと心配してましたが、意外と利用されていてよかったですね!!同区間の工事費の回収も意外と早く終わりそうですね~こうなるとJR西も良い意味で調子に乗ってくれそうです、いったんひっこめた大阪北側の地下ホームの乗り入れ計画や西九条駅までの延長運転とか夢が広がりそうですね。
Tamon
2019年05月05日 00:06
西九条への話があるんでしたっけ? てっきりなにわ筋線にそのまま直通するのかと思っていました。

この記事へのトラックバック