東京の地下鉄2路線の調査結果

国土交通省が東京の地下鉄2路線についての調査結果を公表したようです。

有楽町線の豊洲-住吉間と南北線の白金高輪-品川間のようですね。いずれも費用便益比が2.5を超える値を示したようです。これくらい費用便益比が良ければ、十分な補助金を出してでも事業を実施する価値があるでしょうね。事業費が、豊洲-住吉が1560億円、白金高輪-品川が800億円となっているようで、意外と南北線の延伸は安いような。品川は、地下鉄のみでアクセスできない東京の主要ターミナルの最後と言ってよい場所なので、需要はかなりありそうなのですよね。

元の報告でも指摘されているようですが、品川付近のターミナル開発とどう整合を取るかがよく検討が必要なところですね。うかうかしていると京急の再配置などが先に進んでしまいそうですし。また、東京地下鉄が新線に消極的なのをどう説得して、どこがどれだけ費用を出すかを早くまとめなければなりませんね。しかし、楽しみな話です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック