シーサイドライン逆走事故自動運転再開見込み

6月1日に逆走事故を起こして、その後手動運転で運行を再開したために35パーセント程度の減便が続いている横浜のシーサイドラインについて、まもなく無人運転を再開するそうです。暫定対策ができたということでしょうか。

その後いろいろと明らかになってきましたが、やはり鉄道の設計をずっと見てきた人間から言えば、本当にあり得ない設計でした。最後に設定された進行方向を、断線後も保持しているというのは危険側動作でしょうし。制御器のソフトウェアを更新して、方向設定の入力がなければ力行しないようにするのが正当な対策でしょうけど、果たしてどうでしょうか。簡単にその対策ができるものなのか。

思わぬバグが潜んでいるものだと改めて思わされました。

この記事へのコメント