相鉄・JR直通線ダイヤ発表

相鉄・JR直通線の開業ダイヤが発表されたようです。1日46往復、ラッシュ時1時間に4本、日中は2-3本程度のようです。

埼京線との直通ということで、E233系と12000系が使われるとのこと。12000系にも埼京線用のATACSを積んだそうですね。最初からATACSの設置を想定して車両の設計をしていると思いますが、まったくこれまでと違う保安装置を取り扱わなければならない相鉄の保守部隊は大変だったのではないでしょうか。相鉄の運転士はATACSを特に扱う必要はないわけですけど。

ダイヤが混乱したときの運用乱れで、東京臨海高速鉄道の車両が相鉄へ行ってしまうという事態は起きるのでしょうか。技術的には何か問題があるのでしょうかね。小田急新宿に千代田線の、地上時代の東急渋谷に日比谷線の電車が入線すると、鉄道ファンの間ではすぐに話題になっていましたが。

あとは、湘南新宿ラインや横須賀線と線路を共用することになるゆえの、ダイヤ乱れの増幅問題がありますね。ますます直通線区が増えて、そのどこかで事件事故が起きると、他がすべて乱れることになってしまいます。すかさず直通を打ち切るような手はずを整えているのでしょうか。

試運転も始まっているそうですし、いよいよ近づいてきましたね。

この記事へのコメント

2019年07月21日 19:29
相鉄さんとJR埼京線さんの直通乗り入れですか~すごいね!

阪神と近鉄の直通乗り入れ初日みたいなトラブルが出ないといいですね。

関西の民鉄とJRも、もちょっと仲良くなるといいね!
Tamon
2019年07月22日 23:58
関西は、民鉄がおおむね標準軌ですからねぇ。
狭軌の南海は関空で乗り入れてますし、今度はなにわ筋線をやりますし。できるところはやっている感があります。