架線やパンタグラフの損傷検知技術

昨日の夜、新大阪駅で新快速電車のパンタグラフが損傷していて、大きなスパークを上げながら出発していくところを駅員が非常停止させたそうです。このためにかなりのダイヤ乱れになったようですが、実際のところパンタグラフが損傷したまま走ってしまうと、広範に架線を壊してしまって、さらに運転再開に時間のかかる大乱れになってしまうので、この段階で止められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more