相鉄直通関連記事

相鉄の直通に関する記事が出ています。

相鉄が直通すると武蔵小杉の混雑は増すか、ということですが、武蔵小杉と相鉄沿線の間の移動需要は直接的にはそこまでないでしょうし、川崎方面との連絡だってそこまで需要はないだろうと予想します。したがって、わざわざ武蔵小杉で降りるようなことはなく、現行の横須賀線・湘南新宿ラインの本数が純減になるのでなければ、混雑が激化するようなことはないだろうと予想します。

この記事で触れられている、大崎の連絡線が何とかならないかなと思いますよね。ここができれば平面交差支障が解消して、かなり列車本数を増やせるはずなのですが。どうも連絡線となる場所の用地買収が難しいらしいと聞きます。

あとは、運賃計算上は鶴見を通るのですけど、果たしてこのルートの定期券で鶴見駅で下車できるのだろうか、というのは気になるところですね。理屈的にはできておかしくないのですが。羽沢横浜国大から鶴見へ移動したい場合だと、いったん武蔵小杉まで行って折り返してこなければならないのですが、運賃計算上の特例などはどうなるのでしょうか。

いろいろ興味深いところもある開業です。

この記事へのコメント