新東名開通予定繰り下がり

新東名高速道路の御殿場ジャンクションより東側について、開通予定が繰り下がることになるようです。全部できあがるのは2023年度になったそうです。

東京から大阪までを完全二重にできれば何よりなのですが、さすがに厚木付近より東京側は、今からの時代では新たに高速道路を通すのは非常に困難ということなのでしょうね。ここから西ができるだけでも、だいぶ違うことは確かなのですが。圏央道と連絡することにより、首都圏の他の地域へのアクセスが大幅に楽になるわけですし。一方で新名神と合わせた全体のルートを見ると、名古屋付近から草津付近までは、旧東海道に近いルートを採用して従来の名神とはまったく別の場所を通っているわけですが、静岡県内は他に選択肢がほとんどないとしても、沼津より東は別ルートにできなかったのでしょうかね。箱根の山を越えるのが高速道路にとっても難しいということなのかもしれませんが。熱海や小田原が高速道路網に加わることの影響はそれなりにありそうなのですが。

新名神の草津から高槻も早いところ何とかしてほしいものです。

この記事へのコメント